ブログ | 東進ハイスクール亀戸校|東京都

ブログ 

2019年 9月 18日 過去問演習会ってなぜ必要なの?

みなさんこんにちは!小泉です。

 

今日は過去問演習会についてお話ししたいと思います。

毎回校舎に来るたびに

過去問演習会に出よう

と何回も言われますよね。

 

何回も言われるのは本当に

嫌ですよね。分かります。

しかし、なぜそんなに言われるのか。

それはみなさんにとって

とても重要で有益なものになるからです。

 

ホームクラスで過去問を解く

自分のタイミングで過去問を解く

 

上記は最初に組む自分スケジュール通りになって

確かにやりやすいと思います。

 

でも考えてみて下さい。

 

試験本番は自分の時間で受けられますか?

ホームクラスにあるブースのように

試験会場は個別で囲まれてますか?

 

答えはノーですよね。

 

練習は本番のように

本番は練習のように

 

これはどこかで聞いたことのある

ものだと思います。

 

過去問演習会でみんなで集まって

試験本番同様の雰囲気で行うことによって

上記の言葉通りに近づくことが出来ます。

 

大学受験の合否は日ごろの訓練の積み重ねで

いくらでも変えることが出来ます。

 

自分のこだわりはもちろんあると思いますが、

有益でないこだわりは必要ありません。

 

スケジュールも過去問演習会を中心に

組んでみて下さい。

いくらでも組み直せるはずです。

 

これから一緒に頑張っていきましょう。

 

亀戸校担任助手 小泉怜哉

 

 

 

 

 

2019年 9月 16日 明日17日(火)は校舎休館日です!

2019年 9月 16日 何事もベースが大事

 

こんにちは 若林です☺

私の大学ではもう少しで夏休みが終わりまた忙しい日々がはじまります

 

そして最近英語の勉強がおろそかになっていたのでまた一から勉強しなおしてます!

改めて基礎固めは大切だなあと実感しています

 

そこで今回は、基礎の学習の大切さについてお話したいと思います!

基礎固めと言えば高速基礎マスターですよね。

最近皆さんやってますか??

 

もう終わっている人は毎日復習してください

単語などの基礎は忘れるまで一瞬です!!!!

 

まだ終わっていない人は一刻も早く完修して下さい

大体の目安として…

1800→1週間

熟語750→5日

で1回目の合格をして下さいね

ダラダラとやっていても意味がありません!!

 

何度も復習をしながらベースをしっかり固めて

どんどんステップアップしていきましょう!!

 

亀戸校担任助手 若林

 

2019年 9月 15日 毎日「過去問!過去問!」ってなんでそんなに言うの!


 

 

こんにちは箕輪です!

昨日はハーベストムーンという満月の日でした!

とてもきれいで感動!!!

さて夏休みもあっという間に終わり、

9月も半分が過ぎました、早い!

校舎では毎日「過去問やろう!」

全担任助手が伝えています

なんでそんな言うの?と思いますね

 

まず

「過去問を解く」意味を考えます

①出題形式や傾向をつかむ

②現状を知る

③実力を高める

などがあげられます

そして

センタ-過去問→二次私大過去問

の流れがあります

センター過去問を10年分終わらせる理由は

1日も早く二次私大過去問に取り組んで欲しい

からです

では二次私大過去問をやる理由はなんでしょう

苦手な箇所(現状)の把握をするためです

過去問を終えたら

その苦手を十分な演習量で

カバーしていきます

なかなか点数に結びつかない時も

あるかと思いますが、

1日1日最大限の努力をすること

最後に合格を勝ち取る

ただ一つの方法です

応援しています!

 

 

2019年 9月 14日 復習できてる?

みなさんこんにちは!小泉です!

最近少し肌寒い温度になってきましたね。

風邪などひかないように体調管理

しっかりやっていきましょう!

 

ということで今回は

復習の仕方やタイミングのお話しです。

 

復習に関して言うと

受験生の皆さんはこれから過去問

他の学年の皆さんは授業の復習

などが挙げられますね。

 

内容がどんなに変わっても基本スタンスは変わりません。

そのスタンスは

必ず次の日に読み直し、解き直しをする

ことですね。

厳密にいうと、それを自分で人に説明できるようになるまで

読み直し、解き直しをした方がいいと思います。

 

人間は忘れる生き物です。

人類の進化の過程で必要な能力だったからこそ

忘れてしまう能力があるわけであり、

根本的に直すことはできませんよね。

 

しかし忘れないようにする努力はできます。

最初は慣れないから大変かもしれませんが

必ず受験でその力は発揮されます。

 

がんばっていきましょう。

 

亀戸校担任助手 小泉怜哉