ブログ | 東進ハイスクール亀戸校|東京都

ブログ 

2019年 7月 6日 東進に入ったキッカケ

こんにちは、東進ハイスクール亀戸校です!

 

今日は僕が東進に入学したきっかけについてお話します。

 

僕が東進に入学したのは高校1年生の丁度この時期でした。

 

高校受験を終え、次の目標に向けスタートを切りたいと思っていた際に

東進からの招待講習の招待状が届きました。

 

 

最初東進への印象としては

「映像授業って先生に直接質問できないし不安だな」

というものでした。

 

 

しかしいざ授業を受けてみるとイメージは大きく変わりました。

 

めちゃくちゃ分かりやすいし、おもしろい!!

 

本当に分かりやすい先生の授業では

生徒が困りそうな箇所を先回りして説明してくれるものです。

だからこそ質問をする必要がなく、先へ先へと進むことが出来ました。

 

 

そして早い時期のスタートだったからこそ、周りのライバルよりもリードできたのだと思います。

 

もし、今!

少しでも勉強を始めた方がいいのかなと迷っている人は

今スタートを切りましょう!!

 

今が最速です!!

 

東進ハイスクール亀戸校


2019年 7月 5日 夏にやっておくべきこと(若林ver)

こんにちは!

若林です!

 

もう7月ですね…なんと!最後のセンター試験まで196日。200日を切りました!!!

 

さて、今回は私が思う 夏にやっておくべきこと について話していきます

 

それは…基礎学力の定着です!!

過去問演習もとっても大切なのですが、

基礎学力がないことには何も始まらないですよね

 

特に私がやっておくべきだと思うのは単語、熟語、文法

この3つは語学教科勉強をするに大切です!

単語帳を毎日5分見る、文法書を読むなど

‘塵も積もれば山となる’の精神でやっていきましょう!

 

数学などは圧倒的に出会った問題の量がものを言ってきます

毎日新しい問題を1つ解くだけでもいいので

どんどん問題に出会っていきましょう!

 

 

是非、受験までの毎日のルーティンとして実践してみて下さいね!!

 


2019年 7月 4日 逸見が思う夏にやっておくべきこと

 

こんにちは!

逸見です!

 

最近雨続きで嫌になりますね…

雨が降ってると寒いのに湿気で暑くて

体温調節が難しいので

風邪ひかないようきをつけてください!

 

てことで今日のテーマは

「夏にやっておくべきこと!」

です!!!

 

「これをやっといてよかった!」

「あれをやっておけばよかった…」

などの経験を踏まえて話したいと思います。

 

ズバリ一言で言うと

過去問演習

です。

 

まあ、みんなそう言いますね。

それには本当に大事な理由があるからです!

 

私は夏から勉強を始めました。

 

なので過去問を解けと言われても

「分からないのに解いてもしょうがない」

と思ってやろうとしませんでした…

 

結局夏休みの後半になってからやり始めたので

いままでやっていた勉強で

そんなに役立たないなと感じるものもありました。

 

学力が身についていない状態で過去問を解きたくない

気持ちもわかりますが

傾向を掴んで今後の勉強に活かす

というのは

とても大事なことだと思いました!!!

 

また、過去問で

自分の苦手なところを知る

というのも

今後の勉強をしていくうえで

本当に大事なことです!!!!

是非1度でもいいので解いてみてください!

 

もうひとつは、

勉強の習慣

をつけることです。

 

これはなにをやるにも関わってくることなので

出来るだけ早めにこの習慣づけはしときましょう!!

 

夏に頑張れるかで

受験は大きくかわるので

いままで以上に

やる気を出して頑張っていきましょう!^^

 

 


 

 

2019年 7月 3日 東進に入った理由☆川越

こんにちは!本日もブログを読んでいただき、ありがとうございます!

亀戸校担任助手4年、川越美穂です!

 

7月!なつ!

みなさん、定期テスト週間でしょうか?

大学生ももうすぐテスト期間です。

 

そんな7月。私、川越は今から5年前のちょうどこの時期に東進ハイスクールに出会いました。

本日は私が東進に入った理由をお話しします!

 

5年前、、、

 

当時高校2年生の私は、学校では一番の進学クラスにいるもののクラス内ではビリに等しい成績。

 

中学生の頃はそれなりに真面目に取り組んでいたこともあり、学校でのクラスは上位に入れた。

けれど、高校の内容になった瞬間、まわりについていけなくなってしまっていました。

 

他塾で英語のみ通塾をはじめるも思うように成績はあがらず。。。

 

東進と出会ったのは、そんなどうしてよいのか分からず悩んでいたころでした。

 

自宅に届いた「夏期特別招待講習」の招待状。

はじめは無料だし、夏休みの講習の一つとして行ってみようくらいの気持ちでした。

 

こんな初めは簡単な気持ちで訪れたのですが、まさにそこが私の大学受験に向けて本気でスタートを切る瞬間でもあったのです。

 

東進に入った理由は大きく以下の2つです。

 

①大学生スタッフである担任助手の方々に惹かれた

毎回の授業終わりに話してくださる担任助手の方々。

年齢もそう変わらないはずなのに、当時の私にとってはすごく大人に見えていました。

現役大学生の大学生活についての話、受験時代の話、、、

講習生である私にもさまざまなアドバイスをしてくださり、勉強に対して不安しかなかった私を前向きな気持ちに変えてくれる存在でした。

 

②ここでなら頑張れる。頑張りたい。と強く思った。

①に引き続きですが、、、とにかく担任助手の方々、スタッフのみなさんがほめてくれるんです。

単語の暗記講座を終わらせると、すぐに気が付いてくれてほめてくれる。

もっともっとがんばろう、がんばりたいと自然と気持ちが行動にもなるようになっていました。

また、校舎にたくさんあるランキング掲示!

東進生はこんなに努力しているのだということを知りました。

 

高校2年生の夏に何気なく訪れた東進ハイスクール。

 

そこでこんなにも自分が前向きに努力できる人間なのだということを知れました。

それは今の大学生活でも大きく活きているなと実感します。

 

以上が私の東進に入ったきっかけ・理由です!

 

自分を変えられる環境が東進にはあります!頑張りたいのになかなかうまくいかない等々、悩みを持っている方は気軽に校舎までいらっしゃってくださいね!

 

川越

2019年 7月 2日 逸見の東進に入ったきっかけ

こんにちは!

逸見です!!

 

今日は私が東進に入ったきっかけ

話したいと思います!

 

まず、

私が東進を訪れたきっかけは

家に届いた新規開校、招待講習の

お知らせでした。

 

高3の夏になって

「勉強しなきゃ」

と焦っていた自分に予備校に通う

という一つの選択肢が出来ました。

 

親の勧めもあり、

無料で有名な講師の先生の授業が

受けられるなら行ってみよう!

と思い招待講習を

受けることに決めました。

 

私が受けたのは吉野先生の古文の授業でした。

色々な話を聞ける授業が楽しく、

自分のペースで進められる授業も気に入り、

ホームクラスがとてもきれいで使いやすく

毎日行ってくれる

コーチングタイムで相談したり

分からない問題をきけることがうれしくて

 

今までやる気のなかった私が

東進に入ったら勉強に集中できるかもしれない!

と、思い入学を決意しました。

 

東進に入り勉強量も

くらべものにならないくらい増え、

一緒に頑張れる友達もでき

本当に東進にはいって良かったと感じました。

 

なぜ東進に入って頑張ろうと

思ったのか思い出してみてモチベを上げたりしてみてもいいですね!!

 

 

 


 

>