ブログ | 東進ハイスクール 亀戸校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ 2022年07月の記事一覧

2022年 7月 30日 朝登校できてますか?

夏期特別招待講習

こんにちは!加賀です。

最近は期末レポートを書くのに追われてます。

レポートの書き方がよくわかってないのかなり時間がかかっちゃいます。

今回は朝登校の大切さについて話します!

夏休みは受験勉強全体の1/3の量ができるといわれています。

なので、どの受験生も毎日勉強します。

そこでどうやって差をつけるかというと午前の勉強量となるわけです。

毎日してる人の中でも朝からできるは人は限られてくるはずです。

朝は起きるのは大変ですが

人がしたくないことをすることで差をつけることができます。

校舎は朝8時から開館してます。

毎日朝登校目指して頑張りましょう!!

 

2022年 7月 25日 歴史学科とは?(鳩貝)

夏期特別招待講習

 

 

こんにちは!担任助手4年の鳩貝沙羅です。

最近体力づくりのために朝走っていたのですが、

暑くて顔が赤くなりすぎて公園にいた人に心配されたので夜に走ろうと思いました笑

 

今回は私の行っている学部の

「歴史学科」

について話していこうと思います!

私の行っている大正大学歴史学科にはコースが3つあります

日本史コース

東洋史コース

文化財・考古学コース

です!

その中で私は日本史コースに所属しています

こんな名前だからひたすら日本史を学んでいるんだろうと思っている方、

実はそんなことはないのです

例えば

仏教、地域、環境、民俗の歴史を学ぶ授業が必修であったり、

世界の歴史遺産や地誌学、自然地理学、歴史地理学など

日本史だけじゃなく地理も学んでいます!

他のコースの授業もとることができるので

東洋文化史、民俗学概論、キリスト教などもとれます

3年になるとゼミに所属して卒論の書き方を学ぶ授業があります。

ゼミは時代ごとに振り分けられていて

私は近現代史のゼミに所属してます!

卒論は戦争時の農民の生活について書こうと考えています。

歴史学科についてもっと詳しく知りたかったら鳩貝に話しかけてください!!

大学生活の4年間はあっという間です

自分の行きたい大学学部を見つけて有意義な大学生活を送りましょう!!

 

亀戸校担任助手 鳩貝沙羅

 

2022年 7月 23日 英語で差がつくポイント

 

     こんにちは。担任助手の坂上です。

 

 

今回は英語で差がつくポイントについて説明していきたいと思います。

 

 

まず、英語にはいくつか要素があります。ひとつが単語、熟語、文法。次に構文解釈。最後に長文読解です。

 

最初に単語について説明します。単語熟語文法は英語の基礎となる要素です。これがなければ、英文の理解が1割もできません。それほど重要です。繰り返して覚えましょう。

 

次に、構文の解釈です。単語熟語文法の次のステップになります。これは英文の難しい部分を構造的に理解することに役立ちます。和訳などの問題に活用することができます。

 

最後に英文読解です。この英文読解の段階に進んだら、あとは多読、速読を繰り返し、WPMという一分間に何語英語を読めるかという指標を高めることに重点を置きます。

この三段階で僕が他の受験生と差をつけられると思っている要素は、単語熟語文法速読力です。

 

単語熟語文法は、先にも述べた通り、一番の基礎となるところです。ですので、文法の理解と単語量の増幅により、点数を大幅に上げることに繋がります

 

速読力に関しては、WPMを上げることができれば、問題文を読む速度が格段に上がり、また、正答率もたかめることができます。

 

今回は、英語力で差がつくポイントについて説明してきました。他にも方法はたくさんあるので、皆さんもわからないところがあれば担任助手に気軽に相談してみてください!

2022年 7月 20日 化学の差がつくポイント

トップバナー

 

こんにちは!担任助手のダバンです。

  もうすぐ学校が終わり夏休みが始まりますね。

毎日朝登校頑張りましょう

 

本日は化学の差がつくポイントについて書いていきます

化学は理論、有機物、無機化学と分かれていますが、

有機物の最後の高分子化合物の分野が勝負の分かれ目です。

 

比較的、有機物は得意な人が多く理論が難しくて苦手な人が多いと言われています。

高分子は有機物の中でも範囲が多く入試で必ずと言ってもいいほど出されます。

 

しかし、受験生(特に現役)は、教科書の最後の単元のためこの範囲までしっかり演習が及ばず点数を落としがちです。

また、有機の中でも計算問題もあるためかなり複雑で難しいです。

ここを乗り切るコツとしては、覚えて取れる問題は絶対落とさず、計算問題はひたすら演習を積むことです。

高分子の計算問題は理論の分野とは違いパターン化されてるものが多く、演習さえ積めば入試で同じパターンの問題に出くわすことが多いです。

この高分子の計算問題をマスターして他の人と差をつけましょう!

 

2022年 7月 17日 眠気対処法

夏期特別招待講習

 

 

こんにちは!担任助手の萱島です。

もうすぐ期末試験が終わり、夏休みが始まろうとしていますが、受験勉強は順調に進んでいますか?

今回は眠気の対処法について書いていこうと思います!

睡魔は多くの受験生にとって、勉強の邪魔となる大敵ですよね。

実際私も受験生時代、眠気に何度も悩まされました。

カフェインを飲んだり勉強する場所を変えてみたり、色々な方法を試して睡魔と戦っていました。

しかし、カフェインの耐性がついて効かなくなったり、移動した場所で眠くなってしまったり、なかなかうまくいきません。

それだけでなく、眠い状態で勉強をしても頭に入りにくく、勉強の効率が悪くなってしまいます。

そこで、私が受験生期間のなかで一番良かった眠気の対処法は、「決まったタイミングで決まった時間だけ寝る」ことでした。

最初、私は眠くなり始めたら思い切って寝るようにしていました。眠くなり始めたタイミングで寝ることで、私は20分で起きられることが分かり、また、それを繰り返しているうちに、眠くなるタイミングも勉強をはじめた20分後と、決まってくるようになりました。

仮眠を習慣化することが出来たのです。

こうすることで、長時間の睡眠を避けることが出来るし、勉強の質が上がり、一日のスケジュールも立てやすくなりました。

個人差があると思いますが、皆さんもぜひ一度試してみてください!