10月から行うべき化学の勉強 | 東進ハイスクール 亀戸校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール亀戸校|東京都

ブログ

2021年 10月 12日 10月から行うべき化学の勉強

 

こんにちは!担任助手の宮副です!

こんにちは!

亀戸校担任助手の宮副です!

10月ってこんな暖かかったっけと言わんばかりの気温で嫌になります。

せっかく秋服を用意したのに、暑がりの私は未だに半袖でいることが多いです。

 

さて、化学選択者の皆様、化学は順調に勉強できていますでしょうか。

一般的な公立高校ではまだ少し授業が残っていて、全範囲学習できていないこともあると思います。

今回は私がこの時期にどんな勉強をしていたかご紹介します。

私は化学科志望ということもあり、化学の点数の比重が高いうえに、かなりの高得点をとらなければいけなかったので、夏の間に無機や有機の暗記事項をおさえて、秋はひたすら第一志望校や、同じくらいのレベルの大学の過去問をひたすら解いていました。

問題集は重要問題集を使っていて、最低3周

私は気体反応と平衡計算の分野が苦手だったので、その分野は何十回と、わかるようになるまで解き直ししました!

復習は暗記事項で抜けがある部分はその都度書き残し、計算ミスはその場で解き直して解決するようにしていました。

問題演習以外でしていたことは、資料集の読み直しです

資料集はほぼ全ての事柄に図やイラストがあり、覚えやすく分かりやすいので、活用しまくってました!

コラムや発展事項も、化学の知見が深まるのでぜひ一度読んでおきましょう!

化学は理系科目の中でも、暗記事項を抑えるだけで点数がすぐに上がる、いわばコスパの良い科目だと思っています。

点数が伸び悩んだり、そもそも化学が苦手だという方は、ある程度入試に頻出な問題は暗記してしまいましょう!

そうすることで発展的な問題でも、少しは立ち向かえるはずです。

共通テストや二次試験まであまり時間はありませんが、1点でも本番の点数が上がるように、全力でサポートし、応援します!

質問があればいつでも来てください!