直前期の国語の勉強法 | 東進ハイスクール 亀戸校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2023年 1月 20日 直前期の国語の勉強法

トップバナー

こんにちは!亀戸校の道本です。

共通テストお疲れさまでした!

次は二次私大です、切り替えて勉強しましょう!

たとえ苦しくても前を向いて!

剛毅果断

今回は直前期の国語の勉強法についてお話したいと思います。

直前期に国語で意識することはまず、出題傾向の確認です。

自分が出願する大学にどのような傾向があるのか、確実に把握しておきましょう。

過去問ノートは必須です。

あとはひたすら問題演習をしましょう。

ですが直前期は演習量よりも演習の質を意識してほしいです。

自分がどのような問題で間違えやすいのか、解答根拠はどこに合ったのか、なぜ読み解けなかったのか等々…

自己分析を行うことを怠らないようにして下さい。

一例ですが僕がしていた直前期の勉強はセンターの問題を丁寧に解くことです。

過去問演習講座の大問別演習は大量にセンター過去問を演習することが出来ます。

センター試験の問題はとても良問であり、解答根拠が明確です。

難易度も平易なので満点取れなかったら悔しいくらいの心持で取り組みましょう。

担任助手一同心から応援しています。