現代文の勉強方法 | 東進ハイスクール亀戸校|東京都

ブログ

2020年 8月 27日 現代文の勉強方法

こんにちは!

 

最近はずっと暑くて大変ですね!

部屋の中との温度差で体調を崩さないように

気を付けましょう!!

 

今日は現代文の勉強方法について話したいと思います

 

受験に使う中で一番勉強方法が確立しづらく

勉強しにくい教科だと思います。

でも、問題文によってできない人が多いですよね…

 

そこでとにかく私は演習が大事だと思っています!

正直、現代文は問題文の中に答えが書いてあるので

日本史みたいに基礎知識を詰め込む必要が無いからです。

 

そして一番重要なのが、演習の後の復習です!

 

演習後に、答えを見て理解することができるか

答えを見た後でもいいので、人に説明できるくらい理解したうえで答えられるか

が重要だと思っています

 

最初から分からなくても、答えを見て根拠になっているところを

明確にした後で自分で読んでみることによって

どこに注目して読めばいいのか

どこにどうやって根拠が書いてあるのかを

深く理解することができます

 

最初は答えを見ながらでも、

次第に傾向が分かるようになり

根拠が書いてあるところを見つけやすくなります!

 

もう一つは

選択肢の間違っている部分に線を引くことです!

間違っている選択肢のどこがどう違うのかを

分かるようになれば、2択で間違えたなどの

あるあるが無くなります!

 

また、選択肢の間違いのパターンも見つけることができます!

たとえば「言い過ぎ」の間違いパターンや

「因果関係が逆になっている」パターンなどがあります。

 

間違いの選択肢のパターンを知ることで

間違いを見つけやすくなります

 

このように、演習をして復習をすることで

色々なことが見えてきて点数アップにつながります

 

現代文が問題によって点数が変わってしまう

という人はぜひこの方法で勉強して

点数を伸ばしてください!!