志望校を変えないことの大切さ | 東進ハイスクール亀戸校|東京都

ブログ

2020年 9月 29日 志望校を変えないことの大切さ

こんにちは!担任助手の伊藤です。

最近涼しくなってきて、夏よりも過ごしやすいですね。

今回は、志望校を変えないことの大切さをお話ししたいと思います。

この時期になると、模試でなかなか結果が出なかったり、過去問が難しくて全然解けなかったりして志望校を下げようかなって考える人も多いと思います。

しかし、志望校を下げることはオススメしません。

なぜかというと、人間はどうしても楽な選択をしてしまう生き物です。そのため、志望校を一度下げてしまうとどんどんズルズル下がっていってしまいます。

また、志望校を下げるとそこまで勉強しなくても受かるんじゃないかと思って勉強量が落ちてしまうこともあります。

それでも、志望校を下げる判断をした方がいいこともあります。

例えば、志望校が高すぎてどうしても届きそうにない時や、国公立志望だったが私立の3教科に絞って勉強した方が合格できそうな場合などがあります。

そういう時は、自分ひとりで志望校を変えるのではなく、ぜひ担任助手や学校の先生に相談してください。