単元ジャンル演習の進め方 | 東進ハイスクール 亀戸校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 9月 5日 単元ジャンル演習の進め方

 

こんにちは。担任助手の佐々木麻衣です。

今回は単元ジャンル演習の進め方について紹介します。

単元ジャンル演習は数を確実にこなしながら、効率よく復習していくことが大切です。私はたくさん解くために、東進下校前に3つほど問題を印刷しておいて学校の休み時間にも解けるようにしていました。そして以下が私の単元ジャンル演習の進め方です。

①単元ジャンル演習のうち苦手なところから順番に解く。

ジャンルごとに多くの問題が設けられていていくつか問題を選択することができますが、その中から自分の併願校を含めた志望校があればそれを優先的に解いていました。

②解いた直後、まだ理解していない概念、知らない知識があれば、教科書で確認する。

教科書で確認したら、マーカーなどで線を引いて、復習しやすくしていました。

③答案が帰ってきたら、間違っていた箇所、記述面での減点箇所を確認し、解き直す。

この時、あまりにもレベルが合わない問題の場合は解き方のみ理解して次に進み、解けそうだった問題は解けるまで解き直しました。

④次の日に何を間違えたかを再び確認。問題を再度解き直す。

確認については時間がもったいないので、登下校の時間、昼食の時間などに行っていました。

単元ジャンル演習は演習量を上げ、ライバルと差をつけることのできるよい演習です。その量の多さや難しさに苦戦することがあるかもしれませんが、足を止めることなく、全力で取り組んでください!応援しています!

 

 

 

|

最新記事一覧

過去の記事

体験授業

合格体験記