記憶ではなく記録に残そう | 東進ハイスクール亀戸校|東京都

ブログ

2018年 9月 11日 記憶ではなく記録に残そう

こんにちは!大学院2年生の田中です。
今日は日中も涼しくて過ごしやすい1日ですね。

今年の夏は、学会(論文発表会)などの大学の用事で札幌と仙台に行きました。

やはり旅行では、食事がおいしいかどうかが満足度を左右しますね。

ちなみに、1番おいしかったのは、札幌で食べたスープカレーです。

実は札幌はスープカレーが有名で、とてもおすすめです!!

 

ただ、現在北海道は地震で大変な被害を受けています。

一早く復旧作業が進むことを心から願っています。

また、北海道の受験生の方々、まずは生活をしていくことで手一杯ではあると思いますが、

諦めないで最後まで頑張ってほしいと応援しています!

 

さて、今回は過去問演習について話したいと思います。

 

夏も終わり、そろそろ過去問演習をガツガツ進める時期になりましたね。

「やっと自分の志望校の過去問が解けるー!」

と意気込んでいるのもいいですが闇雲に取り掛かるのは危険です!

 

というのも過去問演習は膨大な数をこなさなければいけないため、

記録することが必要不可欠なのです!!

 

記録する主な項目は

・日付

・大学学部名

・年度

・科目

・得点

(配点は基本的に公開されていないので、正答数で〇/〇問)

・解答時間

・所感

だいたいこんなところですかね。

 

この中でも所感は大事です!

「何が〇〇がダメだったから××で得点がとれていない」

などの振り返りがとても大事であり、そこから

「じゃあ△△の学習をしよう!」

と次に進んでいくのです。

 

ただ、どのくらいできたかだけを見て一喜一憂しているようでは

ステップアップしませんよー。

過去問演習頑張ってください!!

 

亀戸校 担任助手 田中大士