百里を行く者は九十を半ばとす? | 東進ハイスクール亀戸校|東京都

ブログ

2018年 12月 24日 百里を行く者は九十を半ばとす?

こんにちは!亀戸校担任助手の須田誠太郎です。

今日も前回同様、ある言葉を送ります。

「百里を行く者は九十を半ばとす」

中国の2千年以上前の「戦国策」にでてくる、非常に有名な言葉です。

僕はこの言葉を小学6年生の時に知り、マラソンの時に常思っています。

 

でも、ぼくこの言葉を鵜呑みにしてはいけないと思います。

 

そもそもこの言葉は

最後まで気を緩めるな。終わりの方が困難である。だから九十を半ばしろ。

という意味です。

 

でも、この意味なら半ばは99くらいで良いと思います。

いや110くらいでも(笑)

 

皆さんは、ゴールテープを切るまで緩んではダメです。

最後今一度110里まで全力で走り切ってください。