法律の面白さ。 | 東進ハイスクール亀戸校|東京都

ブログ

2018年 11月 18日 法律の面白さ。

こんにちは!早稲田大学法学部の須田です!

最近は松岡修造が日本にいなかったからか非常に寒かったですね。

白樫先生が長ズボン解禁は亀戸校にとって一大ニュースでした!

みなさんも、暖かい恰好をして、風邪には気をつけましょう。

 

では、今回も前回に引き続き「法律」についてです。

今回は多くの人が一度は考えたことある法律についてです!

それは「飲酒・喫煙」です。

 

これを読んでる高校生の大半は未成年だと思います。僕も未成年です。

なぜ、僕たちは飲酒・喫煙を禁止されなければいけないのでしょう?

 

考えてみましょう。

僕たちには、日本国憲法のもと基本的人権が与えられています。

人の人権を侵害しない限り、何をするにしても自由であるはずです。

 

では、この法律はどうして存在するのか。

それは

本人を保護するためです。

飲酒や喫煙は身体的に未成熟な者にとって非常に悪影響だから

国家が親に代わって個人を守ってあげる。

これをパターナリズムといいます。

 

しかし、人権と多少の矛盾が生じるため非常に限定的な法律です。

 

他にも、自動車運転時のシートベルト着用義務や、バイクのヘルメット着用義務も

パターナリズムです!!

国家が人権との矛盾があるにもかかわらずある法律は、それだけ個人に及ぼす影響が大きいということです。

飲酒・喫煙は二十歳になるまで絶対いけません。