法律の面白さ② | 東進ハイスクール亀戸校|東京都

ブログ

2019年 2月 10日 法律の面白さ②

 

こんにちは!亀戸校担任助手の須田です。

以前、ブログで書いた「法律」についての話の好評をいただきました!

と、いうことで久々に書いてみようと思います。

 

今日の話は「ケータイあげる」です。

誰もが小学生の頃一度は言ったことのある、この言葉

これを法的に考えてみましょう。

 

A「俺のケータイほしい?」

B「え!ほしい!ちょうだい!!」

A「100円であげるよ」

B「ほんと!ありがとう。はい。(100円を渡す)」

A「嘘だよ!!100円であげるわけないじゃん!!」

B「ケータイくれるって言ったじゃん!!」

 

この問題はどっちが悪いのでしょうか。

普通に考えれば嘘をついたA君が悪いですね。

じゃあ、B君A君を信じたため保護すべきでしょうか。

正解はNOです。

 

A君に言わせれば

A「でもさ、Bはさ100円でケータイ売らないこと分かってたでしょ?」

A君は内心では売る気がなかったし、普通に考えればそれは想定しうることです。

 

よってB君

「嘘である可能性が十分にあって、しかもその嘘は容易に予測可能なもの」を信じた。

つまり、これはB君のミスで過失があります。

よってB君は保護されません。

 

これは民法が「意思」を重要しするためです。

ちなみに、これを「心裡留保」と言います。

 

法って面白いですね!!