模試の前に・・・ | 東進ハイスクール亀戸校|東京都

ブログ

2018年 8月 24日 模試の前に・・・

こんにちは!東進ハイスクール亀戸校です。

まだまだ暑いですが、高校生の夏休みも残すところ、あと1週間ほどですね。

本当にあっという間に過ぎ去っていったのではないでしょうか。

高校3年生は、今までにないほど勉強した人も多いでしょう。

その頑張りを試す場が後2日後にありますね。

そう!

センター試験本番レベル模試!!

 

 

今回はこの「模試」を受ける上での心構えをお伝えします。

 

①模試は模試にあらず。

これは一番当たり前のことです。模試は本番のように解いてこそ意味があります。

判定も、点数も普段の過去問で十分対策をとり予想することができます。

しかし、本番さながらの緊張感は当日しか味わえません。本気で試験に挑んでください。

 

②点数を伸ばすことだけを考えよ。

今回が試験本番だと思ってください。

そうした時、単語が不十分な状態で当日を迎えますか?

社会科目の暗記がしきれてない状態で試験を受けますか?

結果としてそうなってしまうことはあるでしょう。しかし、良くはありません。

今回も、まだ未完成の部分があるなら、残り2日間できる限りのことをして挑みましょう

 

過去問も同じです。未対策のまま本番を迎えることがあるでしょうか?

しっかり何年分も解き、作戦を練ったうえで挑みましょう。

 

たしかに、今後の学習を見据えて継続的な学習を続けることも必要です。

しかし、点数を伸ばすためだけに勉強することで、苦手の克服や、試験の癖をつかむことができます。

なにより、本当の試験前は後先考えず、次のテストの点数を伸ばすことだけ考えるはずです。

今回もそうしましょう。

 

③ルーティンを作るべし

今から、試験前に行うことを決めておきましょう

試験において緊張は最大の敵になることがしばしばあります。

それを極力減らすために、ルーティーンを作っておきましょう!

僕の場合

6:00 起床

7:00 朝食 (白米、豆腐、納豆、みそ汁、コーヒー)

7:30 出発

途中のファミマで苺のチョコ、レッドブル、午後の紅茶を買う。

などと決まり事項がありました。

 

これは私大の試験の日も必ず行ってました!!

みなさんもぜひ作ってみましょう!!