担任助手になったきっかけ(伊藤) | 東進ハイスクール 亀戸校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール亀戸校|東京都

ブログ

2021年 11月 24日 担任助手になったきっかけ(伊藤)

 

こんにちは!担任助手の伊藤です。

今、教習所に通っているのですが、車の運転はとても楽しく、

もっと早くに通い始めるべきだったなと感じています。

皆さんは、大学生になったら自動車免許を取りたいですか?

迷っている人は取っておいた方が便利だと思います。

 

さて、今回は担任助手になったきっかけを話したいと思います。

私は受験生の時、担任助手なろうと思っていませんでした。

大学生になったら、飲食店でバイトをしてみたいなと思っていたからです。

 

しかし、受験が終わり1年間お世話になった担当の担任助手の方に

「一緒に担任助手やろうよ」

声をかけられました。

その先生は、自分が受験生の時になんでも相談に乗ってくれたり、

成績が伸び悩んでいる時に励ましてくれたり、

この人がいたから第一志望に合格できた

と本気で思えるような存在でした。

 

私はその先生みたいに、

生徒と向き合って第一志望合格のサポートをしたいと思い

担任助手になりました。

 

今はこの担任助手になるという決断をしてよかったと思います。

もし、飲食店でバイトをしていたら、

面談やコーチングタイムで一人一人と本気で向き合ったり、

HRでたくさんの人の前で話したり、

本気で誰かを応援するという経験はできなかったと思います。

このように、担任助手を通じて人間的に成長できたかなと思います。

 

皆さんも大学生になったら、

サークルやバイトなどを選択をする場面があると思います。

その選択によって、大学生活が大きく変わってくるので、

周りに流されず自分が本当にやりたいものを見極めるようにしましょう!