大学院ってどんなところ?(柿澤担任助手) | 東進ハイスクール亀戸校|東京都

ブログ

2019年 3月 3日 大学院ってどんなところ?(柿澤担任助手)

こんにちは!大学院1年の柿澤です。

3月1日から就活情報が解禁され、

就活が始まりました、、、

 

受験の時のような

合格できるか、、、

と不安な気持ちになります。

 

しかし、後ろ向きになってもしょうがいないので

前向きに頑張っていきたい思います!!

 

さて、前回まで将来の夢についてみんな語っているようなので

僕はその中でも

大学院

というところにフォーカスしたいと思います。

 

理系大学院ってどんなものなのか?

大学との違いを比較します!

 

入試

大学:5教科7科目

大学院:5科目

 大学院入試は

英語外部試験(TOEIC)、理数系科目4科目、面接

の3点でした。

  理数系科目は基本的に大学1年~3年までの総まとめのようなものなので、

  大学受験と同じ感じですね。

 

大学と大学院の違い

大学:講義がメイン

大学院:研究がメイン

大学は主に講義に出て何かを習うことがメインとなりますが、

 大学院は自身の研究を進めるために論文や実験等で

自ら学ぶ

 ことが多くなります。

 

講義

大学:週に16コマ程度

大学院:週に4コマ程度

大学院にも講義はありますが、

研究メインとなるので講義はかなり少なめです。

 さらに、学部在学中に先行して単位を取ることができるので、

 前期・後期合わせてこれくらいの講義数になっています。

 

他にも様々ありますが、

主な生活の違いとして挙げるとこんな感じでしょうか。

 

もちろん大学によっても研究内容によってもかなり変わるので

大学院に行きたい!と考えている人は

きちんと大学・研究室を調べましょう!

 

他にも聞きたいことがあれば、

是非聞きに来てください!

 

亀戸校 担任助手 柿澤