大学の授業紹介~明治大学・農学部編~ | 東進ハイスクール 亀戸校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール亀戸校|東京都

ブログ

2021年 9月 17日 大学の授業紹介~明治大学・農学部編~

こんにちは!担任助手の伊藤です。

そろそろ大学の夏休みが終わってしまうので寂しいです。

 

今回は、明治大学農学部の授業についてお話したいと思います。

みなさん農学部って実際どういう授業をしているかイメージできますか?

多分、ほとんどの人が出来ないと思います。

実際、僕も大学に入るまではどんな授業があるのか知りませんでした(笑)

 

さて、本題になりますが、

明治の農学部では栽培、生産、環境、生命、畜産などの農業全般的なことを学ぶことが出来ます。

1・2年生では全般的なことを学び、3年生から研究室に入って専門的なことを研究するような流れになっています。

 

そんな中でも農学部特有の授業は、農業実習です。

この授業は、明治大学農学部の農学科と食料環境政策学科でしか取れない授業で、

週に1回学校から離れた黒川農場というところに行き、実際に種まきをしたり、

農薬を与えたり、収穫をしたり、食品を加工したりする授業になっています。

農業は、座学だけでは学ぶことが出来ないことも多いので、

実際にフィールドワークをすることで多くの刺激を得ることが出来ます。

また、グループワークなどの授業も多く、友達もたくさんできたりととても楽しい授業になっています。

 

農学部に興味がある人や、他の授業なども気になる人は、是非校舎で話しかけてください。