夏休みにやるべきこと-日本史- | 東進ハイスクール 亀戸校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール亀戸校|東京都

ブログ

2021年 8月 27日 夏休みにやるべきこと-日本史-

 

お久しぶりです!鳩貝です!

ついに8月も後半に差し掛かりましたね、、

私は9月2日から大学が始まるのであと少ししか休みがありません、、

みなさん残りの休みを有意義に使えるようにしましょうね!!

 

今回は夏休みにやるべきことの日本史編です

日本史は覚えること本当に多いですよね

私も高3のとき同じこと思っていました

 

まずは低学年の勉強について

日本史はまず流れを理解することが一番大事だと思います!

流れを理解するとはどういうことなのか

例えば、

二・二六事件

と聞かれてなぜこれが起こってしまったのか、誰がその場にいたのか

そのあとの対処はどうしたのか、など答えられますか?

これが答えれたあなたは流れをきちんと理解できていると思います!

このように、単語だけ知っていてもそのあと何が起こったかまで知らないと

流れがつかめなくなってしまい、結局分からなくなってしまいます

なので単語ではなく流れで覚えるのを意識してみて欲しいです!

 

次に受験生

共通テストや二次私大の過去問を解き始めていると思います

解いていたら自分の苦手な分野が出てきますよね

その部分を得意になるまでとは言いませんが

次出たら絶対解ける!まで復習して欲しいです

同じ問題を何度も間違うのは嫌だと思います

先ほど低学年にも書いたものにプラスして、1点でも多く点数を取って欲しいです!

 

残りの夏休み一緒に頑張りましょう!!

 

亀戸校担任助手 鳩貝沙羅