夏までにやるべきこと~私大国語編~ | 東進ハイスクール亀戸校|東京都

ブログ

2020年 7月 29日 夏までにやるべきこと~私大国語編~

 

こんにちは!東進ハイスクール亀戸校です。

梅雨もそろそろ明けて

本格的な勝負の夏を迎えます。

 

夏にはやるべき事が沢山あります。

海に行ったり

花火を見に行ったり

キャンプをしたり

今年は違いますね!!泣

 

とことん勉強に打ち込む夏

です!

 

そんな夏に、夏の間に

仕上げておくべきことがあります。

今回は「国語編」

 

ということで

学習の参考にしてみてください。

 

 

①志望校の過去問演習

国語に関しては

「傾向による差なんてないだろう」

と思われがちですが

そんなことはありません。

 

文学史が出る大学を目指すなら、

当然覚えていなければ話になりませんし、

似た括りにされやすい

早稲田の「文学部」と「文化構想学部」の

問題を見比べてみてください。

英語や社会がほぼ同形式なのに対して、

国語は全く異なります。

 

両方とも合格を目指すなら、

その出題形式の違いを把握した上で、

何を夏の間にやるべきか

考えなければなりません。

 

秋や冬に気付いても

手遅れになってしまいます!!

 

そういう意味で

志望校の過去問をやりこむ事

優先順位1番に持ってきました。

 

 

②語彙力を強化する

国語の成績が伸び悩んでいる、

全く苦手であるという人に共通することは

語彙力が貧弱であるという点です。

 

アナクロニズム

人口に膾炙する

形而下

ニヒリズム

有機的

 

これらの語彙の意味が

イメージとして頭に浮かんできますか?

 

文脈から推測する力は間違いなく大事です。

 

しかし!

これらの単語は

推測以前の現代文基礎単語です。

 

抽象的なテーマを

難解な語彙を使って説明される現代文に

対応するためには、

得意になるためには、

語彙力の強化が必要不可欠です。

 

漢字や語彙、テーマの学習を

夏中に完成させることをお勧めします。

(古文に関して語彙力の重要性は

言うまでもないですよね!)

 

 

③解法を習得する

②と並行してほしいのが「解法学習」です。

感覚で読んでいて、

得点が安定しないという人は

ぜひ解法の習得に励んでみてください。

 

現代文や古文に、

読解法や解法は存在します!

 

夏に仕上げるべき国語の学習内容について

述べてきましたが、いかがでしょうか。

 

ぜひ参考にして

国語を武器に大学受験を乗り越えて下さい!