受験生時代の夏休み | 東進ハイスクール亀戸校|東京都

ブログ

2019年 8月 10日 受験生時代の夏休み

こんにちは!!!

 

今回は僕が高校三年生だった頃の夏休みについて書きます!

 

 

今年の夏休みも多くの人がそうしていると思いますが、僕は学校での夏期講習に参加していました。

 

 

なので、夏休み中は学校があったら朝は学校、なかったら朝から東進、という生活を送っていました。

 

 

そして当時の僕の勉強の中心は過去問演習だったので、毎日過去問を解いてその復習をしていたと思います。

 

 

夏休み中は、一日センター過去問一年分がほぼ決まりごとになっていたので、朝は学校に行っても東進に行っても

 

 

午後のほとんどの時間を過去問に使うという一日を送っていました。

 

 

朝学校で講習が無くても学校の自習室に行って勉強することもありましたが、それは

 

 

僕にとって、一日の途中で勉強場所を変えることはとてもい気分転換にもなったし、

 

 

なによりも学校にいくととても楽しく時間を勉強に使うことが出来たので、今思えば

 

 

もっと長い時間を学校で過ごしても良かったと感じます。

 

 

そして、夏休みに入った直後は社会の範囲を終わらせることだけに集中していました。

 

 

まとめるとぼくの夏休みは、最初の十日くらいはずっと日本史、残りは午前中講習か演習、午後は

 

 

演習か復習をしていました。

 

 

色々なところで言われていると思いますが夏休みは自分がやりたいことがたくさんできる期間です。

 

 

その時間を目一杯使うためにも朝から頑張りましょう!

 

 

僕は、朝早く東進も学校も行かないと自分の好きな席に座れなくなったのでそれを理由に頑張ることが出来ました。

 

 

朝苦手な人は、なにか早起ききっかけをきっかけを探してしてみて下さい。