世界史の勉強法 | 東進ハイスクール亀戸校|東京都

ブログ

2020年 10月 20日 世界史の勉強法

こんにちは!亀戸校担任助手の丸山です。

 

今回のブログは『世界史の勉強法』について書きたいと思います。

皆さん、地歴の学習は順調ですか?

世界史に限らず地歴の学習はついあとまわしになりがちで

得点がなかなか伸びないなんて悩みをよく聞きます。

しかし、世界史を1から学習しようとすると時間が足りない...

 

そこで、私が現役の際に行っていた学習法を書きたいと思います。

私の場合、毎日基礎学習を一日の学習の前に行うことを習慣としていました。

部活で言う準備体操みたいなものですね。

具体的には、1問1答を20分!答えはノートに書く形式で行い、

間違えた問題は資料集や教科書で復習しました。

最終的に5周はやりました。

他には単元ジャンルで苦手単元をつぶす!!

特に知識だけでは覚えにくい地図問題や資料問題は

何題も挑戦して頭に叩き込みました。

これが私の受験期のルーティンでした!

皆さんも自分に合った学習法を見つけて苦手克服して下さい。