センター試験本番に気を付けること【試験前編】 | 東進ハイスクール亀戸校|東京都

ブログ

2018年 12月 22日 センター試験本番に気を付けること【試験前編】

 

こんにちは!

大学院2年の田中です。

大分寒くなってきましたね。

僕は寒がりなので、もう極暖のヒートテックを着ようか迷っています。

 

12月のセンター試験も終わり、来月はいよいよ、高校3年生はセンター本番、高2・1生は同日体験受験ですね。

残り1ヶ月を切ったので、今日はセンター試験当日に気を付けるべきことを話したいと思います。

 

①めっちゃ寒い。

ここ最近はセンター当日に雪が降ることが多かったですよね。

だから防寒をしていくのはもちろんですが、会場の中はどうでしょう。

会場によりますが、基本的に暖かいです。暑いくらいです。

なので、調整のできる服装で行くことが重要です。

体にカイロ貼っていく人は会場に入ったらはがした方がいいかも。

 

②電車や交通機関が遅延しがち。

雪が降ったら間違いなく遅延しますね。

ただ、自分の考えはおいておいて、試験会場の情報を素早く手に入れましょう。

また、遅刻しても絶対焦らないように。

 

③忘れ物しがち。

僕は自分の受験の時に後ろの席の人が腕時計を忘れていたので貸してあげました。

意外に忘れ物をする人って多いです。

腕時計、ティッシュ、目薬、受験票、えんぴつ、消しゴムなど忘れずに。

 

④トラブルに巻き込まれた時、東進の校舎に電話しがち。

試験当日に、「受験票忘れちゃいましたんですけど、どうすれば・・・」

と校舎に朝電話がかかってきます。

困ったときの対処方法は事前に把握しておくことが大事です。

事前にわかってれば焦らずに対処することができます!

でも、本当に困ったら電話してね。

 

こんなところですかね!

すべて試験が始まる前のことですね(笑)

内容が薄くてすみません。

でも意外と大事なことなんですよ。

【試験中編】はその内書くと思います!

 

寒さに負けず、ガンバロー!!

 

亀戸校 担任助手 田中大士