合格体験記 | 東進ハイスクール 亀戸校 大学受験の予備校・塾|東京都

【2022年最新版】現役合格おめでとう!!  2022年 亀戸校 合格体験記

一橋大学
経済学部
経済学科

山本 志斗 くん

(城東高校)

2022年 現役合格
経済学部
低学年のうちは担当の先生や親に言われ受動的に勉強をしていました、それでもある程度点数は伸びました。しかし、高2の夏から成績が伸び悩んでしまいました。この時期からこのままではダメだと思い、どうすれば点数が伸びるか1日1日考えて勉強するようになり、最終的には日当たりで何の科目を何点伸ばす為に何をやるかまで自分で考え勉強できるようになりました。自分で考え勉強できるようになってから成績が再び上がるようになり志望校に合格出来ました。初めは自分で考えて勉強することに慣れておらず暗中模索の日々でしたが、その悩みをコーチングタイムや面談の時に担任助手の方に相談したところ、親身になって話を聞いてアドバイスしてくれました。受験の先輩である担任助手の方のアドバイスが無ければここまで成長することは難しかったと思います。僕が受験で大切だと思ったことは自己分析です。自分で計画を立てて主体的に勉強するのに、自分のことを理解せずに理想だけで勉強を進めるのは効率的ではありません。自分が何が得意で何が出来ないのかを知ることが、得点を伸ばすことに繋がると思います。

帝京大学
医学部
医学科

ダバン ジョシュア くん

(深川高校)

2022年 現役合格
医学部
僕は二年生の秋に東進に入りました。その時既に自分には医師になりたいという夢があったので志望校は決めていました。最初に高速基礎マスターを早めに終わらせる事を頑張りました。共通テスト同日体験模試までに終わらせられたことがそのあとの受験勉強のアドバンテージにつながりました。毎日登校をして、東進の合格スケジュールに合うように受講を進めました。どんなに目標のペースが乱れても、決めたスケジュールを絶対変えずに焦る気持ちを少し持って勉強を進めました。自分はまずインプットを完璧にした後に問題集や演習をこなしましたがあまりにもインプットにこだわりすぎて、アウトプットの学習を始めるのが遅かったです。アウトプットを通してインプットもできる事に気づき、演習を重ねる事が一番覚えられるし学力が向上するというのを3年生の夏休み終わりに実感してきました。この後は、3日以上やらない教科ができないようになるべく1日に1教科だけにならないように演習を進めました。模試は11月までずっとE判定でしたが、絶対に変えずに自分を信じて勉強し続けました。9月、10月に気合を入れて勉強した成果はすぐには出ませんでしたが、12月に急激に伸び、B判定をとることができました。そこから自信がついて、心の余裕も少しでてきてなんとか心も折れずにゴールまで突っ走ることが出来ました。ここで、皆に伝えたい事は志望校をなるべく最後まで下げずにモチベーションを保ち、ひたすら努力し続ける事がものすごく大切です。頑張ってください。

東京海洋大学
海洋生命科学部
海洋生物資源学科

佐々木 麻衣 さん

(普連土学園高校)

2022年 現役合格
海洋生命科学部
東進で単元ジャンル演習に明け暮れた日々が私にとって1番の思い出です。11月あたりには演習をしすぎたことで手が腱鞘炎になり、手が震え、包帯を手に巻きながら勉強しました。このことは頑張ってきたという自信に繋がりました。合格した今、憧れだった東京海洋大学に行くことができる喜びとともに、総合型選抜で受かったことで、一般選抜で自分の実力を試すことができなかったことが少し残念な気がしています。それでも受かるためにしてきた努力は大学に入った後も自分の中で自信として残り続けるだろうと思います。私は将来、人と魚の共生を持続、発展させていきたいと考えています。そのため海や魚について幅広く学んだ後、養殖の研究をしていきたいと思っています。養殖が魚の保全につながっていない、環境を悪化させているケースが多いからです。この養殖の状況を私が変えていきたいと思っています。また魚との共生には人々が魚を、海を知ってもらう必要があります。よって水族館でガイドをするボランティアをしていきたいと考えています。後輩に向けて私が一つ言えることがあるとすれば、東進には「絶対に」行きたいところに行くための勉強が詰まっているということです。私は東京海洋大学にしか行くつもりがなく、今年度不合格であれば浪人を考えていました。東進では、夏に第一志望校の過去問を解き、傾向を早めに理解し、対策することができます。また傾向を知ったところで単元ジャンル演習、第一志望校対策演習が始まり、周りの同級生が何をしたら良いのか迷ったり、不安で勉強が手につかなくなったりしている時期にも迷うことなく、演習に取り組むことができます。私は結局総合型選抜での合格でしたが、演習をたくさんしたことで一般選抜にある程度自信を持つことができたことが、総合型選抜を自信を持って受けられたことにもつながり、とても良い演習であったと思います。後輩には東進の演習を多くすることができるプログラムを活用して同級生には負けない演習量をこなし、合格を勝ち取って欲しいです。

明治大学
農学部

佐々木 裕大 くん

(都立城東高校)

2022年 現役合格
農学部
一年前、高校の友達が自分の進みたい大学や学部に向かって受験勉強を始めている中、僕は将来特にやりたい事も進みたいと思う学部もありませんでした。具体的な目標がない中での勉強の日々はとても退屈で勉強をしたというよりかは、こなしたという感覚でした。しかし、東進ハイスクール亀戸校の担任助手の方々は気さくに話しかけて下さったり、僕が知らなかった学部を教えて下さったりました。精神的にも非常に支えてもらって、塾に入る意味は単に学力を伸ばすことだけでないと感じました。このようにして、食品についてや植物について学びたいと思い、僕は農学部を目指すことを決めました。僕が特に学力が伸びたと感じたのは、共通テストの過去問演習講座です。共通テスト同日体験模試で4割程度だったリーディングが演習を繰り返すことによって、夏には7~8割とれるようになりました。夏以降からは、単元ジャンル演習や第一志望対策演習を駆使しながら、基礎固めと過去問演習を繰り返してました。この時に、浅く広く勉強するよりも苦手な分野に絞って勉強した方が良いと感じました。塾に通えなくなった時でも、担任助手の方々からのサポートのおかげで不安なこともなく本番で自分の力を発揮することができ、第一志望合格を勝ち取ることができました。受験期で一番大切にしていたことは、無理をしないことです。睡眠時間を確保するために、最後まで塾で勉強して、家では勉強しないと決めてました。皆さんも自分に合った勉強法を実践してみてください。

明治大学
情報コミュニケーション学部

柳澤 佳吾 くん

(東高等学校)

2022年 現役合格
情報コミュニケーション学部
私は高1の夏に東進ハイスクール亀戸校に入塾して毎日努力してきました。とくに英語に関しては早めに基礎を固めた方がいいと言われたので、文法や長文などの受講は早めに終わらせてテキストを復習,音読することに徹していました。古文や漢文は学校で先生が受験対策をしてくださっており、それらに関してはあまり不安はなかったので高2の段階から世界史を始めたのですが自分的にはそれは遅すぎると今になって感じました。高3になってから学校で本格的に世界史の授業が始まったので、自分の世界史の知識と先生の教えを照らし合わせながら自習していたり、それらの学習で浮き彫りになった自分の弱い分野や苦手なテーマをもう一度東進の受講を見たりして復習したのが効果的だったと思います。そして、上記の科目はすべて高速基礎マスターを常に活用してました。英語に関しては、高1から高マスに相当な時間を費やしたことで、英語への苦手意識はだんだんとなくなってきました。また、今日のコラムだったり、音声ダウンロードだったりと活用できるものはすべて活用して勉強していました。携帯でも単語アプリだったり携帯で映像授業を見たりと隙間時間もうまく使って、できることを自主的にやっていました。勉強だけでなく休憩も大事だと思います。担任助手の方とのコーチングタイムや友達との何気ない会話が自分の心の支えになっていることは間違いないと思います。

校舎情報

亀戸校

亀戸校
地図
江東区亀戸5丁目2番3号
さくら亀戸ビル8階
( 地図 )

電話番号0120-104-889
(または03-5609-7672)