英語で差がつくポイント | 東進ハイスクール 亀戸校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 7月 23日 英語で差がつくポイント

 

     こんにちは。担任助手の坂上です。

 

 

今回は英語で差がつくポイントについて説明していきたいと思います。

 

 

まず、英語にはいくつか要素があります。ひとつが単語、熟語、文法。次に構文解釈。最後に長文読解です。

 

最初に単語について説明します。単語熟語文法は英語の基礎となる要素です。これがなければ、英文の理解が1割もできません。それほど重要です。繰り返して覚えましょう。

 

次に、構文の解釈です。単語熟語文法の次のステップになります。これは英文の難しい部分を構造的に理解することに役立ちます。和訳などの問題に活用することができます。

 

最後に英文読解です。この英文読解の段階に進んだら、あとは多読、速読を繰り返し、WPMという一分間に何語英語を読めるかという指標を高めることに重点を置きます。

この三段階で僕が他の受験生と差をつけられると思っている要素は、単語熟語文法速読力です。

 

単語熟語文法は、先にも述べた通り、一番の基礎となるところです。ですので、文法の理解と単語量の増幅により、点数を大幅に上げることに繋がります

 

速読力に関しては、WPMを上げることができれば、問題文を読む速度が格段に上がり、また、正答率もたかめることができます。

 

今回は、英語力で差がつくポイントについて説明してきました。他にも方法はたくさんあるので、皆さんもわからないところがあれば担任助手に気軽に相談してみてください!